三井住友銀行の普通預金口座の開設に行ってきました!(後編)

日常

こんにちは!

ハマネッコです!

 

 

前回の記事で三井住友銀行の普通預金口座開設のレポを途中までさせていただいたのですが、今日はその続きです!

今ドキ口座開設ならネットでもできますが、あえて窓口ですることで勉強になることもあったので、ぜひ読んでみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

1.手続きはほとんどタッチパネル

さて、前回は一通り事前の書類を終えて、いよいよ手続きに入るところまで書いていきました。

前回紹介した半個室型のブースに入ると、そこには銀行員のお姉さんが一名と、大きなパネルがハマネッコを待っていました(笑)

パネルは結構大きかったです。

最近マックに導入された、「呼び出し番号が表示されるモニター」くらいはあったと思います。

それが天井にではなく手に取れる位置にあるので、本当にびっくりしました(笑)

肝心の手続きはというと、まず再び口座開設の旨をお姉さんに伝え、身分証明書と印鑑を渡します。

次に一通りの事務手続きを行いました。個人情報の確認・暗証番号の設定・キャッシュカードの柄の選択(三井住友銀行は4種類から選べます)・銀行印の登録などです。

ここで例のモニターが活躍します(笑)

お姉さんが何やらパソコンでカチャカチャすると、モニター上にそれが映し出されるんですね!(さすがに暗証番号はアスタリスクでしたが)

そして「こちらの内容でお間違いないでしょうか?」という例の決まり文句。

「大丈夫です」と答えると、画面の「確認しました」と表示されている箇所をタッチするように求められます。

そう、あの大きなモニターはタッチパネル式だったのです(笑)

何なんですかね、あのタッチパネル(笑)

とにかく最新のシステムに、終始圧倒されるしまねっこでした。

 

 

 

スポンサーリンク

2.三井住友銀行での口座開設の特徴

とまあここまで(モニター以外は)ごく普通のリポートでしたが、三井住友銀行で口座を開設した際にはこんな特徴がありました!

※情報は2018年3月9日時点のものです

 

 

 

2-1.紙の通帳がオプションになっている

銀行口座というえば昔から欠かせないのがキャッシュカード、そして通帳です。

ですがこの通帳、ネットバンクを中心に非発行の銀行がじわじわと増えてきています。

正確に言えば「紙の通帳(画像のような通帳)」が発行されず、ネット上で残高や履歴の確認を行えるようになってきているのです。

通帳が電子化されていると言えば、想像がつきやすいかもしれません。

三井住友銀行もこの例にもれず、紙の通帳を発行するかどうかを選択することが出来ました。

どちらを選んでも手数料等は変わらないのですが、一応現代の若者として(?)電子版オンリーにしました!(紙の通帳を発行しても、ネットは使えます)

ちなみにこのネット上では残高照会だけでなく、各種登録情報の変更や振り込みなども行えます。

三井住友銀行だけでなく、メガバンク3行はいずれも「○○ダイレクト(○○は銀行名)」という名称でネットシステムを発達させているので、興味のある方はぜひ見てみてください!

 

 

 

スポンサーリンク

2-2.デビットカードが一体化している

三井住友銀行では2018年3月1日から、キャッシュカードとデビットカードが一体化されました!

デビットカードが何たるかについては今回の記事では割愛しますが、三井住友銀行のデビットカードは入会金・年会費が無料なので大変お得です!

※ブランドはVISAもしくはJCB

現に、ハマネッコも口座開設の目的の半分はこれです(笑)

 

柄は画像の4つから選べます。左から「ベーシック」「みどすけ(三井住友銀行オリジナルキャラクター)」「なでしこ」「龍」です。

ハマネッコは「龍」を選びました。

また、この時クレジットカードの勧誘もされたのですが、ハマネッコはすでに持っているのでお断りさせていただきましたm(__)m




 

 

スポンサーリンク

3.投資の勧誘をされました

一通りの手続きも終わり、配布物も渡されると、最後に銀行員のお姉さんからこんな一言が…

「お客様、積み立てとかってお考えですか?」

いやー、ビックリしました。

ハマネッコは20代前半なのですが、どう考えても昔であればその年齢の顧客に掛ける言葉ではないですよね。

わたしもこのようなブログを書いていることもあり、少額ですが仮想通貨や投資信託を買っていますので投資的なことはしています。

ですが、ここは「いや…」とさも興味なさげに返答しました。

あえて無知を装い、会話を引き出すためです(ゲスですね(笑))。

すると、

「今は金利はほとんどつかなくなってしまっているので、今後の資産形成のためにもよろしければご検討ください」

とのこと。

字面だけだと完全なる営業トークなのですが、その時の口調や様子から、私にはどうもそのお姉さんの本心のように思えました。

以前このブログでも述べましたが、定年まで働いて、銀行に給料を預けて貯金を貯め、老後に切り崩すというスタイルはもうなくなると思っています。

金利はつかない、年金はもらえない、終身雇用もない…

かなりの確率で、近い将来大半の国民は老後の資金繰りに悩むことになります。

そのためには、お金に関する知識をつけなければいけません。

それは、節税対策やローン・保険の見なおしだけではありません。

リスクこそありますが、投資だってその一つです。

国や会社が頼りにならなくなってきている今こそ、お金は自分で増やさなければいけません。

これらの重要性を一人でも多くの方に実感していただくために、このブログを始めました。

まだ初めて一か月程度ですが、このお姉さんの言葉は「ハマネッコの経済教室」のきっかけを思い出させてくれるものでした…

 

 

 

最後はやや自分語りになってしまいましたが(笑)、以上が三井住友銀行に普通預金口座を開設しに行って時のレポでした!

よろしければ、SNSなどでの記事の拡散もよろしくお願いします!

では、次の記事でお会いしましょう!

ハマネッコ

日常
スポンサーリンク
ハマネッコをフォローする
ハマネッコの歩み

コメント

  1. […] 三井住友銀行の普通預金口座の開設に行ってきました!(前編) 三井住友銀行の普通預金口座の開設に行ってきました!(後編) […]

タイトルとURLをコピーしました