円高と円安の影響ってなに??

日常

こんにちは!

ハマネッコです!

 

 

今日は円高と円安について説明していきたいと思います!

 

みなさんも「円高」や「円安」なんて言葉は、日常的にニュースなんかで目にしますよね。

あるいは、学生時代に公民の授業でも必ず触れているはずです。

ですがこの円高や円安っていったいどのような現象なのでしょうか?

そしてどんな影響があるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

1.円高や円安ってそもそも何?

そもそも円高や円安とはどのようなことを表すのでしょうか?

(「分かってるよ」という方は読み飛ばしていただいて構いません笑)

ごくごく当たり前のことですが、われわれは日本にいる限り「円」という単位のお金を使用します。

ですが、この「円」という単位のお金は日本でしか使えません。外国では使えません。

ではもしみなさんがアメリカに旅行に行くことになったら、お金はどうすればいいのでしょうか?

当然、アメリカのお金の単位である「ドル」に「円」を代えてもらう必要があります。

そしてその交換は、一定の比率でもって行われます。

「1ドル=◯◯円」なんて表記を、新聞やニュースで見たこともあるでしょう。コレです。

この交換比率のことを、為替レートといいます(もちろんドル以外の単位にも当てはまります)。

ところでこのレートですが、日々変わります。

変わる要因はいくつかありますが、ここでは立ちいりません。また別の記事で紹介させていただくとして、今日は「レートは変わる」ってことだけ覚えていただければOKです!

そして、この「◯◯円」の部分が下がることを円高上がることを円安というのです。

以下、具体例です↓

例)「1ドル=100円」だったレートが
   →「1ドル=50円」になった:円高
   →「1ドル=200円」になった:円安

以上が円高および円安という現象です!

 

 

スポンサーリンク

2.どうして円の数字が下がると円「高」で、上がるとと円「安」なの?

円高・円安の説明をしてきましたが、ここで一つの疑問が沸く方もいるかもしれません。

どうして円が下がっているのに円「高」なんだろう?
どうして円が上がっているのに円「安」なんだろ?

といった感じです。

すなわち、レート上の円の数字の動きと言葉の意味が、一見すると逆のようなですよね。

これは多くの人が勘違いしてしまうのですが、円高・円安という言葉は「円のレート上の数字」ではなく「円の価値」を表しているからなのです。

ここで少し計算が出てきます。が、小学生の算数レベルですのでお許しくださいm(__)m

先ほどの例に、番号を振りながら説明していきます

例)「1ドル=100円」だったレートが・・・・・・①
   →「1ドル=50円」になった:円高・・・・・②
   →「1ドル=200円」になった:円安・・・・③

このレートの動きを、「円の価値」、すなわち「1円は何ドルなのか」というところに注目してみましょう。

まず①なのですが、「1ドル=100円」というレートなので1円は…

1(ドル)÷100(円)=0.001ドル/円

です。1円の価値は0.01ドルと分かりました。

同じように②は

1(ドル)÷50(円)=0.02ドル/円

③は

1(ドル)÷200(円)=0.005/円

となります。

今の例を、表にまとめてみました。

 レート 1円当たりのドル換算価値
 ① 1ドル=100円 0.01ドル
 ② 1ドル=50円 0.02ドル(円高)
 ③ 1ドル=200円 0.005ドル(円安)

 

 

 

 

①を基準としたときに、②では円の価値は

0.02(②)-0.01(①)=0.01

で0.01ドルだけ上がっていますね!

だから円「高」なのです!

①と③を比較してみても、どうように円安であることが分かります。

円高と円安については、ご理解いただけたでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

3.円高や円安がもたらす影響

では、円高や円安になるとどのようなことが起こるのでしょうか?

これは、貿易に大きな影響をもたらします。

すなわち、輸出入の際の金額に影響が出てくるのです。

先ほどの表をもう一度登場していただきましょう。

 

 レート 1円当たりのドル換算価値
 ① 1ドル=100円 0.01ドル
 ② 1ドル=50円 0.02ドル(円高)
 ③ 1ドル=200円 0.005ドル(円安)

 

 

 

 

この表を用いながら、円高・円安が輸出入にもたらす影響を具体例で説明していきます(話を簡略化するために、各種費用・税金等は考慮しないものとします)。

例1.輸入の場合
 ある日本の輸入業者が、アメリカにて1ドルのペンを日本に輸入するとします。
 ②の場合(円高)なら、1本50円で輸入できます。
 ③の場合(円安)だと、1本200円を払わないと輸入できません
 よって輸入業者からすれば、円高の方が嬉しいことになります(=円安は不利)。

例2.輸出の場合
 ある日本の輸出業者が、日本で100円のペンを輸出するとします。
 ②の場合(円高)だと、1本2ドルで輸出します。
 ③の場合(円安)だと、1本0.5ドルで輸出します。
 輸出業者に入ってくる日本円が100円であることに変わらないことを念頭に置くと、当然円安の   
 方がたくさん売れることになります(=円高は不利)。

以上より、輸入→円高有利(円安不利)、輸出→円安有利(円高不利)であることが分かります。

まとめると、下の画像のようになります。

なお、日本の場合は全体的に見ると輸出の方が多いので、円安の方が良いと言われます。

アベノミクスで円安を推奨しているのも、それが理由なんですね。

 

 

 

以上、円高と円安についてでした!

よろしければSNS等での記事の拡散もよろしくお願いします!

では、また次の記事もよろしくお願いします!

ハマネッコ

日常
スポンサーリンク
ハマネッコをフォローする
ハマネッコの歩み

コメント

タイトルとURLをコピーしました