Fundsの申し込み成功!今話題のソーシャルレンディング!

ソーシャルレンディング

こんにちは!

ハマネッコ(@hmnkk_blog)です!

みなさんはソーシャルレンディングというのはご存知でしょうか?

最近話題になっている投資の一種ですが、リスクが比較的少なくかつ利回りのよい手法として人気を集めています。

そんなソーシャルレンディング業者の一つであるFundsに、昨日投資を始めました!

今回はそのことを記事にしていこうと思います!

スポンサーリンク

ソーシャルレンディング??Funds??

そもそもソーシャルレンディングとは何なのでしょうか?

世の中には、お金が余っている側と不足している側が存在します。

でしたら、余っている側から不足している側へお金を融通してあげれば、経済が活性化しますね!

ですが、余っている側もタダで貸すわけではありません。

いずれは返してもらいますが、その時には利子をもらいます。そういうビジネスです(笑)

これを融資といますが、従来の金融手法であれば銀行や消費者金融がその役割を担っていつものの、一個人が(超富裕層や個人的なやり取りは別にして)特定の事業や団体に融資することはほぼ不可能でした。

それを可能にしたのが、ソーシャルレンディングです!

すなわち、個人が事業や団体に融資をして利息をもらう仕組みがソーシャルレンディングです(すごく簡単に言うとですけどね)。

ソーシャルレンディング業者はその仲介をするしており、Fundsもその一つです。

さて、前置きが長くなりましたが、Fundsは数あるソーシャルレンディング業者の中でも最も優良と言われている業者一つです。

具体的にどのくらい優良なのかについては別の機会に譲るとして、どんな投資をしてどれくらいの利回りが見込めるのか、この記事では紹介しようと思います!

スポンサーリンク

いくらから投資できるの?利回りはどれくらい?期間は?

今回私が投資したのは、『世田谷区MIJASファンド#1』というファンドです!

下の画像をご覧いただければと思いますが、

利回り:年利5%
期間:9カ月

となっております!

もちろん元本保証があるわけではないので一概には言えませんが、ネットバンクですら高くても0.2%程度の定期預金金利であることを考えれば、かなり利回りは良いのかなあと思います

もっとも、ソーシャルレンディング業界の中では年利5%というのは中堅ぐらいでしょうか

だいたい3~7%ぐらいの案件が多いですね。

一方、9カ月というのは短い方だと思います。

一般的には1年程度の案件がメインかなあと思いますので。

ただソーシャルレンディングは原則中途換金ができないので、初めての方は今回の案件のような期間の短いものから始めてみるといいかなあと思います。

定期預金だと中途解約利率(=中途解約したら専用の低い利息が適用される制度)さえ呑めれば中途換金も出来るのですが、ソーシャルレンディングでもそのあたりの整備も今後進んで欲しいなあと思います。

スポンサーリンク

クリック戦争は必至?申し込みは万全の準備で!

最後に、申し込み方法について紹介します。

まずは当然ですが、Fundsの口座開設が必要になります。

これは簡単です。

トップ画面に『今すぐ無料で口座開設』というボタンがあるのでクリックし、あとは住所やメールアドレスなど必要事項を画面の指示に従った入力していけばいいだけですね。

その際、マイナンバーカードが必要になるのでない人は探しておきましょう!

必要事項が入力し終わると、数日~1週間程度で「ウェルカムレター」が到着します。

「口座開設が完了しましたよ~」というはがきですね。

これが簡易書留で郵送されてきますので、受け取ったら(受け取りがFunds側で確認出来たら)口座開設完了です!

口座が出来たら、次に入金が必要になります。

入金しないと、投資が出来ませんからね。

Fundsでは、専用の「デポジット口座」というところに入金する必要があります。

ログイン>デポジット口座(画面右上)と進むと、下のような画面が出てきます。

その画面の「振込先を確認する」というボタンをクリックしましょう!

すると、入金用の銀行口座の支店名・口座番号が表示されるので振り込めば入金完了です(入金用口座は個人によって異なるとのことですので、各自確認をお願いします)。

あとはFundsが不定期でファンドの募集を掛けるので、投資してみたい案件があったら応募してみましょう。

そのデポジット口座に入っている金額を上限として、投資が出来ます。

ただし、今のところ募集は一瞬で締め切られます!

例えば私が今回申し込んだ『世田谷区MIJASファンド#1』は、募集開始から37秒で満額になり、締め切られたそうです!!


コチラはFundsを運営している(株)クラウドポートの代表取締役藤田雄一郎氏のツイートです。

37秒。まさに一瞬でしたね。

私も募集開始と同時にクリックしたのですが、すこしでも遅れてたらアウトだったと思います。

またそれ以前の案件は参加していなかったのですが、どれもすぐに締め切ったそうです。

Fundsに募集するときは、数分前から画面に張り付いていきましょう(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました